子どもの便秘の対処法 腹痛の治し方

便秘の症状に苦しむこどもたちが増えています。子どもの便秘を放置しておくと、重症化し、腹痛や嘔吐を伴うこともあります。さらに腸の機能が弱まることにより様々な病気にかかるリスクもあります。子どもの便秘の対処法や解消法について解説しています。

広告

子どもの便秘に効く乳酸菌の効果と摂り方

スポンサーリンク

 乳酸菌の子どもの便秘解消効果と摂り方

 

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境をきれいにして、便通をよくする働きをしてくれます。

乳酸菌が摂れる食材というと、一般的にヨーグルトが有名ですね。

そのため、ヨーグルトを食べると便秘に良いとされていますが、実は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃液や腸液で死滅してしまうことが多く、大腸まで生きて届きにくいことが明らかになってきました。

 

もちろん、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がすべて死んでしまうわけではなく、生きて大腸まで届くものもありますので、ヨーグルトが全く便秘に効果がないというわけではありません。

 

しかし、乳酸菌を効率的に摂取するには、発酵食品に多く含まれる植物性の乳酸菌を食べることがおすすめです。

植物性の乳酸菌は、発酵という過程を経て強くなり、胃液や腸液の酸にさらされても、死滅することなく、生きて大腸まで届きやすいのです。

 

 植物性の乳酸菌が多く含まれるのは、味噌、醤油、納豆、漬物、甘酒などが挙げられます。

つまり、日本の伝統的な和食の発酵食品に多く含まれているのです。

昔の人は、現代のようにヨーグルトや乳酸菌飲料などはありませんでしたが、こうした伝統的な食材から、乳酸菌を充分に摂っていました。

 

f:id:rabana:20160112144412j:plain

 

しかし、現代では伝統的な和食を食べることが少なくなり、欧米に近い食生活をするようになりました。

特に子どもが好きなメニューは、オムライスやハンバーグなど、洋食が多いと思います。

 

でも子どもの便秘を解消して、健康的な腸を育てるためには、できるだけ植物性乳酸菌を含む発酵食品を積極的に食べさせるようにしたいものです。

一日に一杯のお味噌汁を飲むだけで、必要な乳酸菌は摂れますので、お味噌汁を毎日の夕食の定番メニューにしてみてはいかがでしょうか。

 

もし、子どもがどうしてもお味噌汁や納豆、漬物などを嫌がって食べない場合は、最近では植物性乳酸菌のドリンクも販売されていますので、そうした飲み物を飲ませるのも有効です。

植物性乳酸菌飲料は、子どもが飲みやすいように味付けされたものが多く、子どもが好きなドリンクであれば、無理せず毎日飲み続けやすいと思います。