子どもの便秘の対処法 腹痛の治し方

便秘の症状に苦しむこどもたちが増えています。子どもの便秘を放置しておくと、重症化し、腹痛や嘔吐を伴うこともあります。さらに腸の機能が弱まることにより様々な病気にかかるリスクもあります。子どもの便秘の対処法や解消法について解説しています。

広告

子どもの便秘は女の子に多い理由。女性ホルモンが便秘の原因になる

スポンサーリンク

便秘に悩む人は、男性よりも圧倒的に女性の方が多いです。

その原因としては、女性は男性に比べて筋肉が少なく、排便をするのに必要な腹筋などのお腹の筋肉の力が弱いことが挙げられます。

また、女性は美容意識が高く、ダイエットで食事制限をするなどして、食べる量が少なくなりがちです。

食べる量が少なくなると、便を作るために必要な食物繊維などの栄養素も減り、結果として便秘の症状を引き起こしやすくなります。

 

さらに重要な要因は、女性ホルモンの働きが便秘に大きく関わっていることです。

 

f:id:rabana:20160111144325j:plain

 

 子どもの便秘は女の子に多い

 

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2種類があります。

この2種類のホルモンが、毎月の生理の周期と連動して分泌されています。

 

卵胞ホルモンは、月経後~排卵日にかけて分泌が多くなります。

黄体ホルモンは、排卵後~月経の時期に多く分泌されます。

 

黄体ホルモンは、受精卵の着床に備えて子宮の準備をする働きを促す役割を担っています。

しかし、その一方で、黄体ホルモンが多く分泌されると、腸管の筋肉の働きが弱まり、便を作るのに必要な腸のぜん動運動が起こりにくくなってしまうのです。

 

また、黄体ホルモンが活発になると、腸内の水分が吸収されやすくなり、便を柔らかくするために必要な水分までとられてしまい、足りなくなってしまいます。

その結果として便が水分不足となり、硬くなって排泄しにくくなります。

生理前に便秘気味になる女性が多いのはこのためです。

 

女性ホルモンの影響を受けるのは、生理の始まったばかりの女の子でも同じことです。

そのため、男の子に比べて女の子は便秘になりやすい傾向にあります。

 

特に初潮を迎えたばかりの女の子の場合、まだ生理の周期が安定していないため、ホルモンの分泌も不安定になり、その影響を受けて腸の働きも不安定になりやすくなります。

女の子の便秘は、こうした女性特有の身体のしくみの影響を受けますので、生理前の時期は特に食事に気をつけて、水分も意識的に摂取させるようにしましょう。